読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芽室町民のブログ。

北海道十勝芽室町より、周りのことをぽつらぽつらと

馬がもらえます。我らが北海道芽室町のふるさと納税。

馬ですよ。馬。

芽室町ふるさと納税で馬がもらえます。

f:id:memachan:20160627183852j:plain

※ 写真はイメージです

 

いえほんとう、最近知ったんですが、すごいですね。

ほかの地域を調べても、馬がもらえる市町村はあんまりなかったです。笑

 

というわけで本日のネタは「ふるさと納税」なんですけど、

私があんまり詳しく知らなかったんですよね、この納税方式。

ニュースやすまいるでよく紹介されているのですが。

 

この納税制度の出発点は、

 

「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか」

(出展:「ふるさと納税研究会」報告書http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/furusato_tax/pdf/houkokusyo.pdf

 

という意見から。

芽室出身の皆さま、芽室に納税しちゃってもいいんですよー 笑

 

と冗談はさておき、

具体的な内容をざっくり説明すると

 

  ↓

 

・寄付という形で間接的に自分の好きな市町村に納税できる納税法
寄付金のうち2000円を超える額に沿って、自分の払うべき税金が減る
寄付金に応じた額で、地方から「お礼の品」がもらえる

・寄付金の使い道を指定できる(子どもの教育に使ってください、といった

 用途の指定)

・寄付をした翌年の3月15日までに、基本的に確定申告が必要になる。
※毎年確定申告していない方は確定申告が不要になる「ふるさと納税

ワンストップ特例制度」というのもあります。

詳しくは ↓
(「ふるさと納税ワンストップ特例制度総務省http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/topics/20150401.html#block02

 


例えば寄付を30,000円したとき

→ 30,000円 - 2,000円 = 28,000円

 

この28,000円分が翌年の自分が払う税金から控除されます。
つまり、払った寄付金-2000円分が、来年の払う税金から減るということ。
※ 税金の控除額に上限がありますので、高額の寄付を行う場合は注意してください。

 

細かいところはもっと詳しいサイトがありますので、

是非調べてみてください!

 

 

ちなみに、なんですが、自分の市町村にも寄付することもできます。

その場合「お礼の品」がもらえない場合もあるのでご注意ください。

(寄付するときは、自治体に問い合わせた方がよいと思います)

 

 

説明だけで結構ボリュームでてしまいましたね。

まあ、そんなことでもらえる「お礼の品」の中に芽室町

馬があるというのです。

 

なんと、寄付金額は100万円以上が対象。

すごいですね…

 

100万円以上の寄付をした人が馬のオーナー権をもらえます。

 

他には、100円以上の寄付には芽室画家の美術館でおなじみ、

画家・村元美海さんの油絵もあります。

 

いつもらえなくなるかわかりませんので、もしほしい方はお早めに!

ちょっとだけ、私には手が出ませんが 笑

 

 

p.s.

全国市町村の「お礼の品」が載っているサイトです。

ご興味があれば見てみてください。

私は2時間くらい見てました。おもしろい・・・

www.furusato-tax.jp